木の飾り

NISA口座開設キャンペーン比較!【おすすめの証券会社は?】

NISA口座は原則1口座しか開設できないのでネット証券会社が重要です。証券会社ごとにサービスが大きく異なります。NISAの口座開設前にしっかりと調査しましょう。

木の飾り

NISA口座開設は銀行よりネット証券がおすすめ

NISAを銀行でやろうと思っている方って実際にはどれぐらいいらっしゃるのでしょうか。

いわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安いネット証券がおすすめです。

ゆうちょや銀行などの場合、NISAについて詳しく説明してくれますから、直接やり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの特徴である税金を引かれないというのは、支払うコストが低くなるということですから、どうせなら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですね。

できるだけリスクを避けることを考えて銀行にするかどうか決めるようにしましょう。

NISAの失敗ってどのようなものか気になりますよね。

考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

大きく分けると、まずはNISAの仕組みによって起こるもの、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みを活かしきれず逆効果になってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗とは何かというと、期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行し幸か不幸か株価が値上がりしてしまうと、含み損が出ていた時の金額が基準になってしまっているので利益がでたと判断され課税されてしまいます。

金融商品自体がもっているリスクというのは端的にいってしまうと、NISAに限らず金融商品は値下がりしたら損するということです。

3つ目のNISAの仕組みによるデメリットについてですが、NISAの120万円という枠におさまるように投資先を考えるタイプの思考法のことです。

NISAの口座を開設できるのは2023年までです。

当初から決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとってはあとわずかな期間になってきましたね。

この期間までは、5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからはじめる方はこの制度は利用できないと考えて良いでしょう。

ではNISAの期限が切れるとどうなってしまうのか気になりますよね。

その場合は売却してしまうか、課税対象の普通の口座へ移すかのどちらかになります。

非課税口座と課税口座の間で株や投資信託を移行させることで、最終的な売却時の支払いが損になるかならないかを見極めましょう。

NISAでおすすめされているのはどういう理由なのでしょうか?あなたが投資をするという経験が今までなかったなら、まず最初に理解しておく必要があるのはNISAかどうかではなく、リスクリターンという両面性についてです。

これは預金と比較してどうかということではなく、リスクの発生と現実化のメカニズムについてのケーススタディをすることです。

株について言えば会社の業績や先行きなどが株価に影響を与えます。

投資信託は比較的身近な金融商品として知られていますが、投資ファンドがどういう方針で景気の変化とどう関連しているのかなどは知っておかないといけません。

あとはもちろん自分がなぜ投資をするのかということを合わせて整理するとおすすめは自然と見えてきます。

NISAを利用する最大の理由は非課税だからですよね。

NISAならではのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておきましょう。

120万円の非課税枠は使い切りです。

よく勘違いされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったあとに売却しても30万円分の枠は返ってこないということです。

一応解説すると、120万円までという枠ですから、合計120万円を超える商品は購入することはできません。

また、枠自体を持越しすることは出来ませんので、年内に使いきれなくても翌年その分増えるということはありません。

NISAの口座開設を考えているなら、まず最初に考える必要があるのは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座というものは1人につき1つしか持てないので、対応している金融機関の中でどこが一番自分にとってよいのかを厳選する必要があります。

一番人気があるのは証券会社ですね。

数ある証券会社の中でも、特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

あとは、単純に安さだけではなくキャンペーンなども合わせて比較すると良いですよ。

例えば売買にかかる手数料が無料になるという証券会社もありますし、キャッシュバックがある場合もあります。

投資金額がさほど大きくないのであれば、キャンペーンで決めるのも1つの方法です。

NISAのリスクは主に2つあります。

まず一つ目は、NISAの仕組みです。

NISAは利益に対して課税されないという性質がメリットとして取り上げられますが、損失が発生したときに損益通算ができません。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同じことが言えるのですが、NISAには5年間という期限があるところです。

期限間際に一般の口座に移動させることはできるのですが、含み損が発生していても考慮されません。

一度売ってから再び買い戻しをすることになるかもしれません。

そして忘れてはいけないのが、金融商品自体がもっている性質そのものによるリスクというのは当然あります。

NISAで1万円から始めたいという需要は少なくないようです。

バランスを崩さないように無理せず投資も。

といったことはよく言われていますが、少額投資するとなると実はそれなりのリスクもあるのです。

株を例にとってみると、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。

とするとある程度の資金があることが参加条件となってきますし、限られた資金で選ぶ一つの会社が結果としてどうなるか考えてみても分からないですから、例えある程度お金がある人でも今までやっていなかった投資をあえてするのはやめようと判断することになります。

投資信託であれば低予算でも分散投資ができるようになっています。

NISAとジュニアNISAにはどのような違いはあるか知っていますか?通常のNISAというものは自分のために口座開設をして投資するものです。

ジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫などために、親や祖父母などが代理として運用していくことになります。

口座を開設できない未成年のためという面と、子供や孫の備えという2つの面があります。

18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

2024年以降の各年において非課税期間を満了したとしても、継続管理勘定では20歳になるまで非課税で保有し続けることができるというのは大きなメリットですね。

NISAで取引が可能なものは、ざっくりと分けると株と投資信託とワラント債というものになります。

株といってもリスクが高い信用取引は含まれませんし、わりとリスクが少ないと言われる債券についても対象外になっています。

比較的人気の高い外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際でも安定している金やプラチナなど先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAが生まれたワケですが、日本では預金する人がとても多いため、預貯金する分を株式投資に回すことで、経済全体が活性化するのでは?と考えられて生まれたのだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後から生まれたことから鑑みても長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAとジュニアNISAの違い

NISAとジュニアNISAの違いが気になってきますが、通常のNISAは自分のために自ら口座開設をしてお金を出し投資していくというものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親御さんなどが代理で運用していく仕組みになります。

口座を開設できない未成年のためという面と、子供や孫の備えという2つの面があります。

ジュニアNISAは、18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳になると、自動的にNISA口座へと変更されます。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、継続管理勘定では20歳になるまで非課税で保有し続けることができるというのは大きなメリットですね。

NISAの口座開設を検討しているなら、まずはじめに考えるなくてはいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人一つしか持てませんので、対応する金融機関の中からどれが一番いいか厳選する必要があります。

一番おすすめなのは証券会社ですね。

数ある証券会社の中でも、特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安さだけに固執するのではなく、キャンペーンなども合わせて比較することをおすすめします。

例えば売買にかかる手数料が無料になるという証券会社もありますし、キャッシュバックなどがある場合もあります。

投資金額が比較的少な目であれば、キャンペーンを重視するというのもオススメです。

NISAで投資信託に投資するのは初心者向けと言われています。

理由はというと、投資にかかる費用が少額で済むからです。

現物株の場合、1単元あたり数万円から数十万円程度必要になりますので、投資できる数は限られてきます。

一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。

一方で投資信託の場合は複合的な金融商品のため、資金が限られているNISAであっても分散投資が実現できます。

投資予算があまりないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらうという性質上手数料や信託報酬といったコストが掛かってくるのでその点は理解が必要です。

NISAの失敗にはどのようなものがあるか気になりますよね。

NISAの仕組みによって失敗してしまう可能性、金融商品自体そのものが抱えているリスク、NISAの仕組みによるデメリットを避けようとして逆効果になってしまうリスクの3つです。

NISAの仕組みによる失敗というのは、期間終了時に含み損が発生していた場合に、そのまま通常口座に移行させ株価が値上がりしてしまうと、値下がりした後の金額が基準になっていることから利益がでたとみなされ、含み損があるのにも拘らず課税されてしまうことです。

金融商品自体が抱えているリスクというのは、NISAに限ったことではなく、値下がりしたら損するということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、NISAの枠が120万円だからその間におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

NISAによる資産形成の話は、資産運用界隈では良く耳にする話題ですし、コンビニに置いている雑誌など身近なところでも目に触れる機会があると思います。

ですが実際にやってみるかは難しい問題ですよね。

預金金利が低いから預けておいても増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減らしたいわけじゃありませんからね。

私たち一般人が日常の生活にちょっとプラスして、投資を始めてみようと思ったときに最初に考えるべきなのは、リスクではなく、何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先の未来を想像してみることをおすすめします。

将来に求められることをやっていそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

運用しているNISAを、他社もしくは他行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度がはじまった当初から少しかわって、1年に1回、乗り換えが可能になりました。

また、通常のNISAをつみたてNISAに変えたい場合(その逆も)があると思いますが、こちらの手続きも同じように、1年に1回変更することができます。

ここでポイントとなるのが、変更前に買った株や投資信託などの金融商品が、変更時に強制的に解約する必要があるかどうかだと思います。

結論から言うと、そこは問題ありませんのでご安心ください。

前年度に買ったものはそのまま持ち続けることが可能です。

ただし、NISAという枠組み自体の制限は忘れないように気を付けましょう。

NISAとは分かりやすく考えると、株や投信といった金融商品の利益を限定つきで非課税にする制度です。

日本では2014年にスタートして、現在毎年120万円の非課税枠が設定されています。

さらに詳細となりますが日本に住む20歳以上ということが決められていまして、1人1口座だけ持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、金融商品の配当や売買差益といったものが該当します。

毎年の枠ですが最長で5年間の計600万円までで、今現在NISA以外で保有しているものはNISA口座に移管させることはできません。

NISAは非課税という最大のメリットがありますがその一方でデメリットもあります。

それは損失の繰り越しができないということです。

含み損が出ている状態で5年の期限を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座へ引継ぎというのが通常の流れですが、NISAの場合、引き継いだ際に手数料はかからないのですが、引き継いだ額分、新たに買ったということになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になっていたとすると25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却することになった場合、実質20万の含み損が出ているのですが、5万円分の利益が出たという事になってしまうのです。

そのため、引継ぎをしたい場合は含み損が出ているときは一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料といった意味での総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAで1万円から始めたいという需要は少なくないようです。

支出のバランスを崩さない程度に投資してみようかな。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、実際には少額投資には少額ならではのリスクがあります。

投資と言えば株というぐらいの定番なのでそれで考えてみますと、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

こうなってくるとお金があることが実質的な条件になってきますし、投資先としてどこかの会社を選んだとしても結果としてどうなるかは神のみぞしるわけで、ある程度の資金があるとしてもやはり機関投資家ではないので限界はあるわけです。

投資信託であれば低予算でも分散投資ができるようになっています。

NISAと積立NISAの違いについて分かりやすく説明すると、積立NISAは現物株や色々な投資信託が扱えるNISAと違って、投資できる金融商品が限定されています。

積立NISAは投資信託のみになりますが、その中でも手数料が低く分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がゼロのノーロードであること、長期分散投資に適している公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限についても年40万円までと決められています。

その代わり非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用することはできないのも注意が必要なポイントです。

NISAにはロールオーバーという仕組みがありま

NISAにはロールオーバーという仕組みがあります。

NISAには最長5年という条件があり、この5年が経過した後にその年の新たな非課税枠を使って、そのまま移行することをロールオーバーと呼びます。

NISAの投資枠自体は年間120万円の範囲以内と決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でも、ロールオーバーが可能です。

ジュニアNISAについても、枠の上限額や払い戻しのルールに多少違いはありますが、ロールオーバーの扱い関しましては基本的には同じです。

とはいえNISAは2023年までの仕組みですので、これから始める人には、あまり関係がないことなのかもしれません。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますし、雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

しかしながら、実際にNISAをはじめるかどうかは難しい問題ですよね。

口座に預けても預金金利が低いのでこれからは投資の時代だといわれても、減ってしまうリスクは怖いですしね。

生活をしていく上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクではなく、何のためにやるのかという目的です。

老後にある程度まとまったお金が必要だと考えているなら、まずは数年先の未来を想像してみることをおすすめします。

将来に求められることをやっていそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAを銀行でやろうと思っている方はいませんか?いわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が良いと思います。

もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAって何?というところから丁寧に説明してくれますから、対面でやり取りできた方が安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISA最大の特徴である税金を引かれないというのは、出て行くお金が少なくなるというメリットですから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

可能な限りリスクを抑えることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAには非課税という最大のメリットがありますが当然ながらデメリットも存在します。

1番のウィークポイントは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年間という期限を迎えた場合、証券会社でならば、特定口座か一般口座に引継ぐ形となりますが、そのとき扱いとしては手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったということになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、口座へ引き継ぐ際には新規で25万円で買ったという扱いになり、株価が上がって30万円で売却したとすると、25万で取得したものが30万円で売れたということになって所得が出たと判断されるのです。

そのため、引継ぎをしたい場合は含み損が出ているときは一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAの失敗ってどのようなものか気になりますよね。

考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

NISAの仕組みによって失敗してしまう可能性、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みによるデメリットを避けようとして逆効果になってしまうリスクの3つです。

NISAの仕組みによる失敗とは何かというと、期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは、NISAじゃなくても値下がりしたら損するよねということです。

3番目のNISAの仕組みによって非合理的な行動をとってしまうというのは、120万円の枠内におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

契約済みのNISAを別の証券会社や銀行に変えたというケースがあると思います。

NISAの口座は制度が開始した当初より少し変わりまして、1年に1回だけ変更可能になりました。

参考:http://www.kabuho.net/

あるいは、通常のNISAを「つみたてNISA」に変更したい場合もあるかと思いますが、こちらの手続きも1年に1回変更可能となっています。

ここで心配になるのは変更前に買った株や投資信託が、変更時に強制的に解約する必要があるかどうかだと思います。

結論からいうと、そこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に購入したものはそのまま持ち続けられます。

但し、NISAの枠組み自体の制限は変わりませんのでご注意ください。

NISAで取引できるものといえば、ざっくりと分けると株、投資信託、ワラント債になります。

ただし、株でもリスクが高い信用取引は含まれませんし、比較的低リスクな債券も対象外です。

人気のある外貨MMFなども含まれていないですし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。

そして、FXなどのハイリスク型の金融商品も含まれません。

NISAという商品が生まれた理由ですが日本では預金する傾向がとても高いため、その分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのでは?という想いから誕生したそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的な運用が狙いのようですね。

NISAで1万円から投資をしてみたいなぁと考えている人は結構多いです。

バランスを崩さないように無理せず投資も。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額だと何かあってもダメージが少ないのは確かですがそれだけではありません。

株式取引を例に考えてみますと、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。

こうなってくるとお金があることが実質的な条件になってきますし、限られた資金で選ぶ一つの会社が結果としてどうなるか考えてみても分からないですから、ある程度の資金があるとしてもやはり機関投資家ではないので限界はあるわけです。

そこで投資信託という仕組みに注目があつまるのですが金融で仕組み化している分の手数料のようなものがかかってきたりします。

NISAで投資信託というのは初心者向けと言われています。

なぜかと言うと投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合、1単元あたり数万円から数十万円程度必要になりますので、あまり数多くの銘柄には投資できません。

一度に高額を投資するという点で心理的ハードルも高いです。

それとは別に、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が限られているNISAであっても分散投資が実現できます。

投資に回す予算をあまり取れないという方にもおすすめです。

プロに運用を任す場合、手数料や信託報酬といったコストが発生しますのでその点はご注意ください。

NISAのリスクについて説明します。

1点目は、NISAという仕組み自体が抱えているリスクを紹介します。

NISAは利益に対して課税されないという性質がありますが、損失が発生したときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同じですが、NISAで気を付けなければいけないのが5年間という期限があるところです。

期限が切れる前に通常の口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。

あとは金融商品自体にリスクというのは当然あります。

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2014 NISA口座開設キャンペーン比較!【おすすめの証券会社は?】 All rights reserved.
木の飾り