引越しを行う際にはいろんな手続きリスト

引越しを行う際にはいろんな手続きをしなくてはなりませんが、仕事をしていると大変なのが市役所でしかできない手続きです。

住民票を転入や転出などの手続きがあるので、最低でも二度は行かざるを得ません。

平日の間しか市役所の利用はできないので、引越し以外でもまたさらに休暇をわざわざ貰わなければいけないといった羽目になります。

私が住み替えたアパートはペット禁止のアパートです。

しかし、近頃、お隣から猫の鳴き声が感じ取れるように感じ取りました。

大家さんもそれを確認しており、何回も、何回も、忠告をしたようですが、「飼育していない」と言うだけだそうです。

引っ越しの際に重視すべき事は、傷つきやすい物を入念に梱包するという点です。

電化製品で箱もあるなら、何も問題ありません。

しかし、箱を捨ててしまったとしても多いのではと思います。

そんな時には、引っ越しのプロの方に荷造りしてもらうと安泰です。

引っ越しには慣れていると思います。

どのタイミングでガスを止めるか考えてしまいますが、今までは、引っ越し当日に解約することが多かったです。

どうしても、引っ越しの準備をしていると身体を動かしていますし、汗もかいているので引っ越しの前日は、どんなに遅くなっても最後のお風呂に入り、翌日に疲れを持ち越さないようにしていました。

引っ越し当日も、お湯を沸かして温かいものを飲めば一息つけるからです。

引越で古い方の部屋を出て行くときに金銭的なトラブルに発展する場合があります。

どんな費用が明け渡し時に必要になるのか、どんなときに弁償する羽目になるのかなど新しい部屋を借りる前にちゃんと事前確認しましょう。

また、請求されたけれども、納得がいかないときは、支払う責任のない費用が混入してしまっているかもしれないので、知識を正しく知っておくことが大切です。

これまで何度も引っ越しをしてきていますが、その私が、たった一つ皆さんに伝えたいことがあります。

「壊されたくないものがあるなら、自分で運ぶべし」という警告です。

ちょっと大手の引っ越し業者に運んでもらった荷物のうち、食器がいくつか、ヒビを入れていたのでした。

それが実は自作の皿で、大事にしてきたものでしたら、「まさか」と思い、衝撃を受けました。

ただ、値段のつくようなものではないので文句をつけたりはしませんでした。

ですがこれ以降、大事なものや壊れやすいものは、自力で運ぶことにしました。

引っ越しは先週末に終わりました。

引っ越し作業が全て終わり、部屋の電気をつけて明るくなったとき「これからはここが自分の家だ」とジーンときました。

その日の夜は気も大きくなっていて、特別なごちそうとしてピザの宅配、お寿司、そしてお気に入りのワインで引っ越しが無事終わったお祝いをしました。

期待でいっぱいの新しい生活が始まりました。

引っ越しをすると、様々な手続きをする必要が出てきます。

参考:ズバット引っ越し比較評判悪い?見積もり依頼体験!【私の口コミ】

中でも特に重要度の高いものとしては運転免許証と車庫証明ではないでしょうか。

運転免許証の住所の変更ですが、これは本人確認書類として大変重宝しますので、誰もが大体すぐに、ちゃんと手続きをされるようです。

しかし、車庫証明の登録をし直すことを、うっかり忘れる人は多いのです。

これも免許証同様、最寄りの警察署で登録し直せますので、せっかくですから、同時に終わらせておきましょう。

そうすると手間が省けるのではないでしょうか。

様々なものが身の周りにあふれている生活をしている方がいるとすれば、引っ越しを考えるときに、おそらく一番重要なのは全て荷造りできるのかということです。

量の多さが途方もなく、荷造りを終える見込みが立たなくなってしまうと引っ越しそのものをあきらめたくなってしまいそうですが、これもチャンスだと思いきってとことん処分してしまえば一番楽なのは自分自身です。

引越しで居住地が変われば、様々な形で届を出して、転居後には変更しなければならない事柄も少なくありません。

固定電話の番号も、転居に伴って変わってしまうことがあります。

最寄りのNTTに連絡して、この回線を引っ越し後も使うために、どんな手続きが必要か把握しなくてはなりません。

今さらですが、NTTの電話番号は市外、市内局番と個別番号で構成されています。

同一市内局番の地域内で引っ越すなら、電話番号の変更はありません。