木の飾り

NISAのメリットといえば非課税ですが、そ

NISA口座は原則1口座しか開設できないのでネット証券会社が重要です。証券会社ごとにサービスが大きく異なります。NISAの口座開設前にしっかりと調査しましょう。

木の飾り
NISA口座開設キャンペーン比較!【おすすめの証券会社は?】 >> NISAのメリットといえば非課税ですが、そ
木の飾り

NISAのメリットといえば非課税ですが、そ

NISAのメリットといえば非課税ですが、その一方でデメリットもあります。

それは「NISAは損失の繰り越しができない」ということです。

含み損が出ている状態で5年の期限を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座に引継ぎとなるのですが、そのとき扱いとしては手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったという扱いになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になっていたとすると25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益という扱いになってその5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですから実際に引継ぎをする場合でも含み損がでていれば一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料といった意味での総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAを利用する最大の理由はなんといっても非課税だからですよね。

せっかくのメリットを十分に活用するために、NISAのルールを事前にちゃんと確認しておきましょう。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

枠という言葉に惑わされやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。

こちらは誤解している人はあまりいませんが念のため解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。

また、枠自体を持越しすることは不可ですので、年内に使いきれなかったとしても翌年その分増えるということもありません。

NISAを銀行でやろうと思っている方って実際にはどれぐらいいらっしゃるのでしょうか。

いわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安く取扱い商品も豊富なネット証券のほうがおすすめです。

もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAって何?というところから丁寧に説明してくれますから、そのほうが安心して運用できるという方もいると思いますのでダメということではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、出費が少なくなるというメリットですから、どうせなら手数料もできるだけ下げていきたいですよね。

なるべくリスクを低くすることも考えて銀行か証券会社かを決めましょう。

NISAの失敗ってやっぱり気になるものですが考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

大きく分けるとNISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みによるデメリットを避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗は、期間終了時点で含み損が出ていたという場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは、NISAであろうがなかろうが値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、NISAの枠が120万円ですから、その間に収まるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことを指します。

現在契約しているNISAを別の証券会社等に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度が開始した当初より少し変わりまして、1年に1回、乗り換えが可能になりました。

もう一つは通常のNISAをつみたてNISAに変更したい場合やその逆があると思いますが、こちらの手続きも同じように、1年に1回変更することができます。

ここで気になるのが、変更前に買った株や投資信託が、変更時に強制的に解約しなければいけないのか?ということだと思います。

しかしその点は大丈夫なので安心してください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

ただし、NISAという枠組み自体の制限は忘れないように気を付けましょう。

NISAを開設できるのは2023年までとなっています。

運用期間は当初から決まっていたことではありますが、これから運用をはじめる方にとってはあと僅かな期間になってきました。

この期間までは、5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからはじめる方にとっては、この制度は無関係ですね。

ではNISAの期限が切れるとどうなるかが気になってきますが、その場合は売却もしくは、課税対象の普通の口座に移行するかのどちらかになります。

NISAの非課税口座と一般の課税口座間で株や投資信託を移行させることで、最終的な売却時の支払いがどうなるかをいくつか考えておくといいでしょう。

NISAで投資信託というのは初心者向けと言われています。

なぜかと言うと、投資額が少なくて済むからです。

現物株の場合は銘柄によっても異なりますが基本的には、1単元あたり数万円から数十万円なので、限られた銘柄にしか投資できません。

一度に大きな額を投資するという点で心理的なハードルも高いですね。

それとは別に、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が制限されているNISAであっても分散投資が可能です。

投資予算があまりないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらう場合、信託報酬などが必要になってきますのでその点は理解が必要です。

NISAに興味がある方は、はじめ方から調べていくことをおすすめします。

ただはじめるだけなら近所にあるゆうちょや銀行の支店などでもはじめられます。

とはいえ、本当に「ただはじめるだけなら」ということになりますので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券で口座を開設しましょう。

基本的に銀行やゆうちょで販売されているのは、ローリスクローリターン型の投資信託です。

悪くはないのですがそれしかないというのがちょっと気になるところ。

独占の金融商品に興味があるという場合を除けば、売買手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が安定の選択肢です。

NISAで取引可能な商品はというと、ざっくりと分けると株、投資信託、ワラント債になります。

株でもリスクが高い信用取引は含まれませんが、割と低リスクとされる債券も対象外になっています。

外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際でも安定している金やプラチナなど先物やオプションも対象外です。

そして、FXなどのハイリスク型の金融商品も含まれません。

NISAという商品が生まれた理由ですが日本では預金する傾向がとても高いため、預貯金の分を株式投資に利用できれば、経済が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後継として生まれたことからも長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAとジュニアNISAの異なる点について気になってきますが、通常のNISAというものは自分のために口座開設をして投資するものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親や祖父母などが代理として運用していくことになります。

ジュニアNISAには、口座開設ができない未成年のためという面と、子供や孫の将来のための備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAは原則18歳まで払い出しをすることができないという制限があり、20歳になると、自動的にNISA口座へと変更されます。

NISAの枠組み自体が終わった後に非課税期間を満了したとしても、20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2014 NISA口座開設キャンペーン比較!【おすすめの証券会社は?】 All rights reserved.
木の飾り