木の飾り

NISAの最大のメリットといえばや

NISA口座は原則1口座しか開設できないのでネット証券会社が重要です。証券会社ごとにサービスが大きく異なります。NISAの口座開設前にしっかりと調査しましょう。

木の飾り 木の飾り

NISAの最大のメリットといえばや

NISAの最大のメリットといえばやはり非課税ということですよね。

NISAならではのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておくことが大切です。

年間120万円の非課税枠は使い切りになります。

よく勘違いされやすいのですが、例えば50万円の株を購入した後に売却しても50万円分の枠は返ってこないということです。

念のため解説すると、120万円までという枠ですから、合計120万円を超える商品は購入することはできません。

また、枠自体を持越しすることは不可ですので、年内に使いきれなかった分が、翌年増えるということにはなりません。

NISAを開設できるのは2023年までとなっています。

当初から決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとっては残り僅かな期間になってきましたね。

この期間までは、5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからNISAをはじめるという方には、あまり意味のない話かもしれません。

ではNISAの期限が切れるとどうなってしまうのか気になりますよね。

その場合は売却するか課税のある普通の口座に移行するかのどちらかになります。

非課税の口座と課税される口座間で株や投資信託を移し替えることで、最終的な収支を見積もっておきましょう。

NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。

まず一つ目は、NISAの仕組み自体にリスクが隠されています。

NISAは利益に対して課税されないメリットがありますが、損失がでたときに損益通算ができないというリスクがあります。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同じですが、NISAで注意しなければいけないのが5年間という期限があるところです。

期限が切れる前に通常の口座に移動させることはできるのですが、含み損が出ていたとしても考慮されないのです。

一度売ってから再び買い戻しをすることになるかもしれません。

そしてもちろん金融商品ですから、商品自体がもっているリスクも考えなければいけません。

NISAは解約できるのかどうかは気になる方もいらっしゃると思いますが、手続き可能ですのでまずはご安心ください。

但し条件があって、残高が0にならないと解約はできません。

証券会社等によって細かい手順は違ってくると思いますが、廃止手続きの手順に従って進めることになります。

もう少し具体的に言うと、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付することになります。

必要書類につきましては手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約しようと思えばできるというのは、原則60歳まで解約することができないiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、始めやすいとも言えますよね。

NISA変更というと今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

この場合NISAの口座は制度がスタートした当初から少しかわって、1年に1回変更できるようになりました。

もう一つは通常のNISAをつみたてNISAに変更したい場合やその逆があると思いますが、こちらの手続きも1年に1回対応してもらえます。

ここでポイントとなるのが、変更前に買った株や投資信託などの金融商品が、変更する時に強制的に解約する必要があるかどうかです。

でもそこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

ただし、NISAという枠組み自体の制限は忘れないように気を付けましょう。

NISAでおすすめなのはどんな投資でしょうか?もしあなたが投資の初心者だったとすれば、理解しておく必要があるのはNISAという仕組みについてではなく、投資が預金と大きく違うのはリスクリターンについて考える必要があるということです。

これは預金と比較して投資のほうがリスクがあるかどうかという単純な話ではなく、何が起こるとリスクとして現れるかということを知ることです。

株について言えば会社の業績や先行きなどが株価に影響を与えます。

投資信託についてはコストも低いのでつい軽視しがちですが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

あとはもちろん自分がなぜ投資をするのかということを合わせて整理するとおすすめは自然と見えてきます。

NISAとジュニアNISAの違いをご存知ですか?通常のNISAというものは自分のために口座開設をして投資するものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親や祖父母などが代理として運用していくことになります。

ジュニアNISAには、口座開設ができない未成年のためという面と、子供や孫の備えという2つの面があります。

18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳になりましたら、自動的にNISA口座に変更されます。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、20歳になるまでは非課税で保有可能なのは大きなメリットですね。

NISAにはロールオーバーという制度があります。

NISAには最長5年という条件があり、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、移行させることをロールオーバーと呼びます。

NISAの投資枠自体は毎年120万円と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぎが可能です。

ジュニアNISAと呼ばれるしくみについても枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱い関しましては基本的には同じです。

とはいえNISAは2023年までの仕組みですので、これから始める人には、あまり関係がないことなのかもしれません。

NISAによる資産形成はときどきニュースになりますし、雑誌などで目にしたという人もいるかと思います。

しかしながら、実際に運用を始めるかというのは難しい問題ですよね。

預金してもあまり増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってもいいわけじゃないですしね。

私たち一般人が日常の生活の上で、ちょっとした資産運用で投資を始めようとするときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく、何のためにやるのかという目的をきちんと見定めるということです。

老後にある程度まとまったお金が必要だと考えているなら、まずは数年先にどういう社会になっているかどうか想像してみるといいですね。

将来発展しそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAとは何かをシンプルに言うと、株や投資信託の売買益を非課税にするということです。

日本では2014年に開始した取り組みで、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

もっと詳しく言うと日本に住む20歳以上となっていまして、1人1口座だけ持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、配当金や分配金や譲渡益といったものが対象です。

毎年の枠ですが最長で5年間の計600万円までで、現在保有しているも金融商品をNISA口座に移動させるということは残念ながら不可能です。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2014 NISA口座開設キャンペーン比較!【おすすめの証券会社は?】 All rights reserved.
木の飾り