木の飾り

NISAとは分かりやすく考えると、投信や現物株

NISA口座は原則1口座しか開設できないのでネット証券会社が重要です。証券会社ごとにサービスが大きく異なります。NISAの口座開設前にしっかりと調査しましょう。

木の飾り
NISA口座開設キャンペーン比較!【おすすめの証券会社は?】 >> NISAとは分かりやすく考えると、投信や現物株
木の飾り

NISAとは分かりやすく考えると、投信や現物株

NISAとは分かりやすく考えると、投信や現物株で稼いだお金を非課税にしましょうという仕組みです。

2014年に日本でスタートした仕組みで、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

より詳しく見ていくと日本に住む20歳以上の人という条件があり、ひとりにつき1口座を持つことができます。

非課税枠というとすごく魅力的なので詳しく確認してみると、配当金や分配金や譲渡益といったものが対象です。

5年間までという制限があるのですが、NISA口座以外のものをNISAで運用するということはできません。

NISAを開設できるのは2023年までとなっています。

運用期間は当初から決まっていたことではありますが、これから始めたいと思っている方にとってはあとわずかな期間しかありません。

この期間までは、5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーといって持越しをすることができていましたが、これからはじめる方はこの制度は利用できないと考えて良いでしょう。

それではNISAの期限が切れる一体どうなるのでしょうか?その場合は売却してしまうか、課税対象の普通の口座へ移すかのどちらかになります。

NISAで運用していた非課税口座と一般の課税口座の間で移行させることで、最終的な収支を見積もっておきましょう。

NISAを銀行でやろうと思っている方って実際にはどれぐらいいらっしゃるのでしょうか。

取引先の銀行とのお付き合いで始めるとかでないのであれば、手数料が安く取扱い商品も豊富なネット証券のほうがおすすめです。

ゆうちょや銀行などは、NISAの始め方から丁寧に教えてくれますから、直接やり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、最終的に支払うコストが低くなるというメリットですから、どうせなら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですね。

なるべくリスクを低くすることも考えて銀行か証券会社かを決めましょう。

NISAでおすすめなのはどんな投資でしょうか?もし投資自体が初めてという方であれば、まず最初に理解しておく必要があるのはNISAかどうかではなく、投資にはリスクとリターンがコインの裏表のようについてくるということです。

これは単純に預金より投資のほうがリスクが大きいという話ではなく、何がどうなるとそれがリスクとして現れるかを知ることです。

例えば株式であればその会社の業績が大きく影響してきます。

投資信託は比較的身近な金融商品として知られていますが、投資先の金融商品が経済の状況の変化とどういうふうに連動していくのかは考えておいた方がいいでしょう。

その上でもう一度投資に対する考え方を整理しなおしてみるといいでしょう。

NISAは解約可能なのかどうかと言う点について気になる方もいるかと思いますが、手続きはできますからまずはご安心ください。

ただし条件があって残高があると解約はできません。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、廃止手続きをするための案内に則って進めることになります。

もう少し具体的にお知らせすると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と一緒に送付します。

必要な書類に関しましては、手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約しようと思えばできるというのは、原則60歳まで解約することができないiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということはそれだけはじめやすいということでもありますね。

NISAをする上で5年後というのは大きなテーマになります。

というのもNISAでは最長5年間というルールが設定されているからなんです。

期限が切れたらそこでおしまいというわけではありません。

一旦売ってしまうという方法が一つあります。

期限が切れた枠を新しい枠にする方法があります。

このほかに一般的な証券口座などで引き続き運用することも可能です。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、投資に対する考え方は人によると思いますので言いきれませんが、損をそのまま引き継いで証券口座で運用した場合、忘れないでほしいのですが、非課税というのは損益通算できないということで条件付きのメリットであるということです。

NISAにはロールオーバーという制度があります。

NISAには最長でも5年という制限があるのですが、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、そのまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠自体は毎年120万円と決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でも、ロールオーバーが可能です。

ジュニアNISAの仕組みについてもロールオーバーの扱いについては基本的には同じです。

とはいえNISAは2023年までの仕組みですので、これから始める人には、ほとんど関係ないかもしれません。

NISAを利用する最大の理由はなんといっても非課税だからですよね。

せっかくのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておくことが重要です。

120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉で勘違いしやすいのですが、例えば30万円の株を買ったあとに売却しても30万円分の枠は返ってこないということです。

念のため解説すると、120万円までという枠なのですから、120万円を超える購入はできません。

枠そのものを持越しすることもできませんので、年内に使いきれなかったとしても翌年その分増えるということもありません。

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?通常のNISAは自分のために口座を開設して投資するものです。

ではジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫のために、親や祖父母などが代理として運用していくことになります。

ジュニアNISAはNISA口座を開設できない未成年のための救済措置という面と、子供たちの将来のための備えという2つの面を併せ持っています。

ジュニアNISAは、18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

制度終了後に非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは金融商品を非課税で保有し続けられるというのは大きなメリットですね。

今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度が開始した当初より少し変わりまして、1年に1回限り、変更が認められるようになりました。

もう1点、普通のNISAからつみたてNISAに変更したいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも1年に1回変更可能となっています。

ここで気になってくるのが、変更前に買った金融商品が、変更時に強制的に解約する必要があるかどうかだと思います。

結論から申しまして、そこは大丈夫ですのでご安心ください。

前年度に買ったものは引き続き持ち続けることが可能です。

但し、NISAの枠組み自体の制限は変わりませんのでご注意ください。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2014 NISA口座開設キャンペーン比較!【おすすめの証券会社は?】 All rights reserved.
木の飾り