木の飾り

投資に興味がある方は、まず最初は

NISA口座は原則1口座しか開設できないのでネット証券会社が重要です。証券会社ごとにサービスが大きく異なります。NISAの口座開設前にしっかりと調査しましょう。

木の飾り 木の飾り

投資に興味がある方は、まず最初は

投資に興味がある方は、まず最初はNISAのはじめ方から勉強してみることをおすすめします。

はじめるだけならば、近所のゆうちょや銀行などでも可能です。

とはいえ、本当に「ただはじめるだけなら」ということになりますので、堅実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券で口座を開設しましょう。

銀行やゆうちょなどといった金融機関で販売されているのは、ローリスクローリターン型の投資信託です。

悪くはないのですがそれしかないというのがちょっと気になるところ。

独占の金融商品に興味があるとかでなければ、取扱い金融商品が豊富なネット証券がオススメです。

NISAで取引が可能なものは、ざっくりと分けて、株と投資信託、ワラント債というものがあります。

株といってもリスクが高い信用取引は含まれませんし、割と低リスクとされる債券も対象外になっています。

人気のある外貨MMFなども含まれていないですし、情勢不安の際に強いと言われている金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAという商品が誕生した理由は、日本では預貯金する傾向が高いため、その分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのでは?という想いから誕生したそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的に投資資金に回すことを狙っているものと思われます。

NISAとは何かをシンプルに言うと、株や投信といった金融商品の利益を限定つきで非課税にする制度です。

2014年に日本でスタートした仕組みで、現在毎年120万円の非課税枠が設定されています。

もっと詳しく言うと日本に住む20歳以上となっていまして、一人当たりひとつの口座を持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、配当や売買差益といったものがその対象になっています。

期間は最長5年までということになっていますが、今現在NISA以外で保有しているものはNISA口座に移管させることはできません。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている仕組みが存在します。

NISAには最長5年という制限が設けられていますが、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、そのまま移行することをロールオーバーと呼びます。

NISAは毎年120万円と枠が決まっていますが、購入した商品が120万円を超えていても、そのまま引き継ぐことが可能です。

ジュニアNISAにつきましても、ロールオーバーの扱い関しましては基本的には同じです。

とはいえNISAは2023年までの仕組みですので、これから始める人には、あまり関係がないことなのかもしれません。

NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。

まず一つ目がNISAという仕組み自体が抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないという性質がありますが、損失が発生したときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同じですが、NISAの場合で特に注意が必要なのは5年間という期限があるところです。

期限間際に一般の口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

そして忘れてはいけないのが、金融商品自体がもっている性質そのものによるリスクというのは当然あります。

非課税という響きが魅力的なNISAのおすすめはどれでしょう?もし投資をしたことがないという初心者なら、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、リスクリターンという両面性についてです。

これは単純に預金より投資のほうがリスクが大きいという話ではなく、起こりうるリスクがどうやって現実化していくのかというメカニズムを知ることです。

株であればその会社の業績が下がると値が下がっていきます。

投資信託については銀行などでも見かけるのでもしかしたら株よりも身近に感じるかもしれませんが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

あとはもちろん自分がなぜ投資をするのかということを合わせて整理するとおすすめは自然と見えてきます。

まだ間に合うNISA口座開設を考えているなら、まず最初に考える必要があるのは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座というものは1人につき1つしか持てないので、対応する金融機関の中からどこが一番いいか決めなくてはいけません。

一番有力な候補となり得るのが証券会社です。

その中でも、特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安さだけに固執するのではなく、キャンペーンなども合わせて比較することをおすすめします。

例えば売買にかかる手数料がかからないというものもありますし、キャッシュバックなどがある場合もあります。

投資金額がさほど大きくないのであれば、キャンペーンで決めるのも1つの方法です。

NISAの仕組み上5年後どうするかは大きな課題です。

なぜならNISAには最長5年間という期限が決められているからです。

期限が切れた時に私たちにはいくつかの方法が用意されています。

その時の時価で株や投信を一旦売却することができます。

翌年のNISAの新しい枠で運用を続けることができます。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISAをどのように使うのかは、考え方は人それぞれなので正解はこれだと決められませんが、損を抱えたまま一般的な証券口座に移した場合、何も考えずに投資をすると結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAとジュニアNISAの異なる点について気になってきますが、通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが代理で運用していく仕組みとなっています。

ジュニアNISAには、NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫の将来のための備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAは、18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳になると、自動的にNISA口座へと変更されます。

2024年以降の各年において非課税期間を満了したとしても、20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAによる資産形成はときどきニュースになりますし、雑誌などで目にしたという人もいるかと思います。

しかしながら、実際に運用を始めるかというのは難しい問題ですよね。

口座に預けても預金金利が低いのでこれからは投資の時代だといわれても、減ってしまうリスクはやはり怖いですしね。

私たち一般人が日常の生活の上で、ちょっとした資産運用で投資を始めようとするときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時のために、まとまったお金が用意しておきたいと考えているなら、まずは数年先の未来を想像してみることをおすすめします。

将来発展しそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2014 NISA口座開設キャンペーン比較!【おすすめの証券会社は?】 All rights reserved.
木の飾り