木の飾り

NISAの失敗にはどのような原因があるのかご存知

NISA口座は原則1口座しか開設できないのでネット証券会社が重要です。証券会社ごとにサービスが大きく異なります。NISAの口座開設前にしっかりと調査しましょう。

木の飾り
NISA口座開設キャンペーン比較!【おすすめの証券会社は?】 >> NISAの失敗にはどのような原因があるのかご存知
木の飾り

NISAの失敗にはどのような原因があるのかご存知

NISAの失敗にはどのような原因があるのかご存知ですか?考え方自体は実は非常にシンプルです。

まずはNISAの仕組みそのものによって起こる可能性があるもの、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みによるデメリットを避けようとして逆効果になってしまうリスクの3つです。

NISAの仕組みによる失敗ものと言えば期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させ株価が値上がりしてしまうと、値下がりした後の金額が基準になっていることから利益がでたとみなされ、含み損があるのにも拘らず課税されてしまうことです。

金融商品自体が抱えているリスクというのは、NISAに限ったことではなく、値下がりしたら損するということです。

3つ目のNISAの仕組みによるデメリットについてですが、NISAの枠が120万円だからその間におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

NISAを利用する最大の理由はなんといっても非課税だからですよね。

NISAならではのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておくことが大切です。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

枠という言葉がよく使われるので勘違いされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったとして、後に売却しても30万円分の枠は返ってこないということになります。

初心者の方のために念のため解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。

そして、枠自体の持越しもできませんので、年内に使いきれなかった分は消滅し、翌年に新たに120万の枠となります。

NISAを銀行でやろうと思っている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いだったりいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安いネット証券がおすすめです。

ゆうちょや銀行などは身近にあるお店では、NISAとは?というところから丁寧に説明してくれますから、面と向かってやり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のウリである非課税になるというのは、最終的に支払うコストが低くなるというメリットですから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

なるべくリスクを低くすることも考えて銀行か証券会社かを決めましょう。

NISAには非課税という最大のメリットがありますが当然ながらデメリットも存在します。

1番のウィークポイントは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座へ引継ぎというのが通常の流れですが、NISAの場合、引き継いだ際に手数料はかからないのですが、その値段で新たに買ったという扱いになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になっていたとすると25万円で買ったことになり、その後株価が上がり30万円まで回復して、その段階で売却しようとすると5万円が利益という扱いになり、5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですので、含み損がでているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料をひっくるめてデメリットと言えそうです。

NISAによる資産形成の話は、資産運用界隈では良く耳にする話題ですし、雑誌などでも見たことがあるという人も多いかと思います。

ですが実際にやってみるかは難しい問題ですよね。

預金しても金利が低いからこれからは投資だといわれても、減ってしまうリスクはやはり怖いですしね。

私たち一般人が日常の生活の上で、ちょっとした資産運用で投資を始めようとするときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく、何のためにやるのかという目的をきちんと見定めるということです。

子供が大人になった時のために、まとまったお金が用意しておきたいと考えているなら、まずは数年先を想像してみるといいですね。

先の明るい企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISA変更というと今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座はスタート当初より少し変更になっていて、1年に1回変更できるようになりました。

もしくは、通常のNISAをつみたてNISAにチェンジしたいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも同じように、1年に1回変更することができます。

ここで心配になってくるのが、変更前に購入した株や投資信託が、変更時に強制的に解約しなければいけないのか?ということだと思います。

結論から申しまして、そこは大丈夫ですのでご安心ください。

前年度に買ったものは引き続き持ち続けることが可能です。

もちろんNISAの枠組み制限はそのままですからその点は注意しましょう。

NISAとジュニアNISAの違いが気になってきますが、通常のNISAは自分のために自分が口座開設をしてお金を出して投資するものです。

ではジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫のために、親権者などが子供や孫の代理として運用していく仕組みになります。

NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫の将来のための備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAには原則18歳まで払い出しができないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

ジュニアNISAの制度が終わっても、継続管理勘定では20歳になるまで非課税で保有し続けることができるというのは大きなメリットですね。

投資に興味があるという方は、「NISAのはじめ方」から勉強してみてはいかがでしょうか。

はじめるだけであれば、最寄のゆうちょや銀行などでもはじめられます。

とはいえゆうちょや銀行の場合、本当にただはじめてみるだけ、という人にしかオススメできませんので、きちんと収益を上げようと考えている方には、ネット証券で口座を開設することを強くおすすめします。

銀行やゆうちょなどといった金融機関で販売されているのは、ローリスクではありますが、ローリターンでもあります。

悪くはないのですがそれしかないというのがちょっと気になるところ。

独占の金融商品に興味があるとかでなければ、売買手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が安定の選択肢です。

NISAで投資信託を行うのは初心者と言われています。

なぜかと言うと投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合は一般的には、1単元あたり数万円から数十万円なので、限られた銘柄にしか投資できません。

一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。

それとは反対に、投資信託の場合は複合的な金融商品のため、資金が制限されているNISAであっても分散投資が可能です。

投資資金があまりないという方にもおすすめですね。

プロに運用してもらう場合、信託報酬などが必要になってきますのでその点は理解が必要です。

NISAでは5年後という言葉には大きな意味があります。

なぜならNISAには最長5年間という期限が決められているからです。

期限が切れた時に私たちにはいくつかの方法が用意されています。

まず売却して換金するというのが一番分かりやすい方法です。

次の年のNISA枠でそれまで運用していたものを引き継ぐという方法もあります。

このほかに一般的な証券口座などで引き続き運用することも可能です。

NISA枠をどう使って投資をするのかは、投資に対する考え方は人によると思いますので言いきれませんが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、その時点で新たに買ったことになり当初の値段に戻っただけでも値上がり扱いとなることは知っておいてください。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2014 NISA口座開設キャンペーン比較!【おすすめの証券会社は?】 All rights reserved.
木の飾り