木の飾り

NISAで投資をするにあたって1万円から始め

NISA口座は原則1口座しか開設できないのでネット証券会社が重要です。証券会社ごとにサービスが大きく異なります。NISAの口座開設前にしっかりと調査しましょう。

木の飾り
NISA口座開設キャンペーン比較!【おすすめの証券会社は?】 >> NISAで投資をするにあたって1万円から始め
木の飾り

NISAで投資をするにあたって1万円から始め

NISAで投資をするにあたって1万円から始めたいという需要は一定以上あるようです。

生活のバランスを崩さないように貯金もしつつそのうちのいくらかを投資に回してみる。

といったことが経済情報サイトなどで言われていることもありますが、少額投資するとなると実はそれなりのリスクもあるのです。

基本的に投資の世界では株式取引が中心になりますが、株を実際に売買しようとすると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

そうなるとお金がある程度ある人にしか参加できませんし、限られた資金で選ぶ一つの会社が結果としてどうなるか考えてみても分からないですから、例えある程度お金がある人でも今までやっていなかった投資をあえてするのはやめようと判断することになります。

投信であればバランス投資を実現できますが仕組み化している分若干ですがコストが増えてしまいます。

NISAの失敗ってどのようなものか気になりますよね。

考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

大きく分けると、まずはNISAの仕組みによって起こるもの、金融商品ゆえにはらんでいるリスク、NISAの仕組みによるデメリットを無意識的に避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗は、期間終了時点で含み損が出ていたという場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは、金融商品ですから値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによるデメリットを避けるがゆえに起きるリスクというのは、NISAの120万円という枠におさまるように投資先を考えるタイプの思考法のことです。

NISA運用で5年後どうするかは大きな問題です。

なぜならNISAには最長5年間という期限が決められているからです。

期限が切れた時に私たちにはいくつかの方法が用意されています。

まず売却して換金するというのが一番分かりやすい方法です。

次の年のNISA枠でそれまで運用していたものを引き継ぐという方法もあります。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、損をそのまま引き継いで証券口座で運用した場合、損益通算ができないことによるリスクがあることは知っておいてください。

NISAで投資信託というのは初心者向けと言われています。

なぜかと言うと投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合は銘柄によっても異なりますが基本的には、1単元あたり数万円から数十万円はかかりますので、投資できる数は限られてきます。

一度に大きな額を投資するという点で心理的なハードルも高いですね。

それとは別に、投資信託は複合的な金融商品のため、120万の枠があるNISAであっても分散投資が実現できます。

投資予算があまりないという方にもおすすめです。

プロに運用を任す場合、手数料や信託報酬といったコストが発生しますのでその点はご注意ください。

NISAに興味がある方は、はじめ方から調べていくことをおすすめします。

はじめるだけであれば、最寄のゆうちょや銀行などでもはじめられます。

とはいえ本当にただはじめるだけならということなので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券がオススメです。

銀行やゆうちょなどといった金融機関で販売されているのは、ローリスクローリターン型の投資信託です。

悪くはないのですがそれしかないというのがちょっと気になるところ。

独占の金融商品に特に興味がないのであれば、取扱い金融商品が豊富で手数料が安いネット証券がオススメです。

NISAを銀行では始めようと思っている方って、どれぐらいいるのでしょうか?取引先の銀行とのお付き合いだったりいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などはご近所にある金融機関の場合、NISAについて詳しく説明してくれますから、そのほうが安心して運用できるという方もいると思いますのでダメということではありません。

NISAの特徴である税金を引かれないというのは、出て行くお金が少なくなるというメリットですから、折角ですので手数料が安くなる可能性も追求したいですよね。

なるべくリスクを低くすることも考えて銀行か証券会社かを決めましょう。

NISAの解約方法について気になる方もいらっしゃると思いますが、手続き自体は可能ですからまずはご安心ください。

ただし条件があり、残高があると解約することはできません。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、解約手続きをするための案内にしたがって手続きを進めることになります。

もう少し具体的にお知らせすると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と一緒に送付します。

必要な書類は手続きの申し込みをした段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約できるという点は、原則60歳まで解約できないiDeCoと大きく異なります。

解約のハードルが低いので、その分始めやすいということにもなりますよね。

NISAと積立NISAの違い端的に紹介すると、現物株や投資信託が扱える通常のNISAとは異なり、投資可能な商品が限定されています。

積立NISAは投資信託のみになりますが、中でも手数料が低く、分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴があり、販売手数料がゼロのノーロードであること、公募投資信託あるいは上場株式投資信託ETFであることなどに限られています。

投資上限についても年40万円までと決められていますからかなり違いがあると言えますね。

その代わり上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用することはできませんのでご注意ください。

NISAのメリットといえば非課税ですが、その一方でデメリットもあります。

それは損失の繰り越しができないということです。

含み損が出ている状態で5年の期限を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座へ引継ぎというのが通常の流れですが、NISAの場合、引き継ぐ際に手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったという扱いになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、口座へ引き継ぐ際には新規で25万円で買ったという扱いになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益という扱いになってその5万円から税金が引かれるということになるんです。

そのため、引継ぎをしたい場合は含み損が出ているときは一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAとジュニアNISAの違いをご存知ですか?通常のNISAは自分のために自分が口座開設をしてお金を出して投資するものです。

ジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが代理で運用していく仕組みとなっています。

NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫の備えという2つの面があります。

ジュニアNISAは原則18歳まで払い出しをすることができないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

NISAの枠組み自体が終わった後に非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは非課税で保有可能なのは大きなメリットですね。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2014 NISA口座開設キャンペーン比較!【おすすめの証券会社は?】 All rights reserved.
木の飾り