木の飾り

NISAのメリットといえば非課税ですが、

NISA口座は原則1口座しか開設できないのでネット証券会社が重要です。証券会社ごとにサービスが大きく異なります。NISAの口座開設前にしっかりと調査しましょう。

木の飾り
NISA口座開設キャンペーン比較!【おすすめの証券会社は?】 >> NISAのメリットといえば非課税ですが、
木の飾り

NISAのメリットといえば非課税ですが、

NISAのメリットといえば非課税ですが、その一方でデメリットもあります。

1番のウィークポイントは損失の繰り越しができないということです。

含み損が出ている状態で5年の期限を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座に引継ぎとなるのですが、そのとき扱いとしては手数料こそかかりませんが、引き継いだ額分、新たに買ったということになります。

50万で購入した金融商品が引き継ぎ時に25万円になっていた場合、口座へ引き継ぐ際には25万円で買ったことになり、その後株価が上がり30万円まで回復して、その段階で売却しようとすると5万円が利益という扱いになり、5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですので、含み損がでているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料といった意味での総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAを銀行でやろうと考えている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いで始めるとかでないのであれば、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などの場合、NISAとは?というところから丁寧に説明してくれますから、直接やり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、結局のところ、支払うコストが低くなることに繋がりますから、どうせなら手数料もできるだけ下げていきたいですよね。

可能な限りリスクを抑えることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAと積立NISAの違い端的に紹介すると、積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資可能な商品が限定されています。

積立NISAは投資信託しか扱えませんが、中でも分配金が頻繁に支払われるタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がゼロであること、長期分散投資に適している公募投資信託であることなどに限定されています。

また、投資上限も年40万円迄ですからかなり違いがあると言えますね。

上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用することはできませんのでご注意ください。

NISAの解約可否について気になるという方もいらっしゃると思いますが、解約手続きはできますのでご安心ください。

ただし条件があって残高があると解約はできません。

証券会社等によって細かい手順は違ってくると思いますが、廃止手続きをするための案内に従って進めることになります。

もう少し具体的には非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付します。

必要書類につきましては手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約可能な点は、iDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、始めやすいとも言えますよね。

NISAのリスクは主に2つあります。

まず一つ目は、NISAの仕組みです。

NISAは利益に対して課税されないという性質がありますが、損失がでたときに損益通算ができません。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同じことが言えるのですが、NISAで用心しなければいけないのが5年間という期限がついている点です。

期限間際に一般の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損がでていたとしてもそれが考慮されないのです。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。

NISAで1万円から始めたいという需要は少なくないようです。

バランスを崩さないように無理せず投資も。

といったことが経済情報サイトなどで言われていることもありますが、本当のところ少額の投資では少額の取引自体のリスクがあったりします。

投資と言えば株というぐらいの定番なのでそれで考えてみますと、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

そうなるとお金がある程度ある人にしか参加できませんし、一社をこれだと思って選んだとしてもそれが正しいかどうかはなってみないと分からないですから、お金がある人にとってもリスクが高くてやっぱりやめようと判断することになります。

そこで投資信託という仕組みに注目があつまるのですが金融で仕組み化している分の手数料のようなものがかかってきたりします。

NISAで投資信託を行うのは初心者と言われています。

その理由は、投資額が低額で済むからです。

現物株の場合は銘柄にもよりますが、1単元につき数万円から数十万円程度となりますので、投資できる数は限られてきます。

一度に高額な資金を投資するという心理的なハードルも高いですね。

一方で投資信託の場合は複合的な金融商品のため、資金が制限されているNISAであっても分散投資が可能です。

投資予算があまりないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらうという手数料などのコストが掛かってくるのでその点は注意しましょう。

契約済みのNISAを別の証券会社や銀行に変えたというケースがあると思います。

この場合NISAの口座は制度がスタートした当初から少しかわって、1年に1回、乗り換えが可能になりました。

もう1点、普通のNISAからつみたてNISAに変更したいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも同様に1年に1回対応してもらえます。

ここで気になるのが、変更前に買った株や投資信託が、変更する時に強制的に解約しなければいけないのかどうかだと思います。

でもそこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に購入したものは継続して持ち続けられます。

但し、NISAの枠組み自体の制限は変わりませんのでご注意ください。

投資に興味がある方はNISAのはじめ方から勉強してみるのがいいかもしれません。

はじめるだけであれば、最寄のゆうちょや銀行などでもはじめられます。

とはいえ本当にただはじめるだけならということなので、収益を上げることを念頭に置いている方には、ネット証券で口座を開設することを強くおすすめします。

銀行やゆうちょなどで扱っている金融商品というのは、ローリスクローリターン型の投資信託になります。

初めての方には悪くはないと思いますが、収益を考えた場合物足りなさは否めません。

独占の金融商品に興味があるなどこれといった理由がないのであれば、手数料が安くて取扱い商品も多いネット証券が安定の選択肢といえます。

まだ間に合うNISA口座開設を考えているなら、まずはじめに考えるなくてはいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISAの口座は一人一つしか所有できませんので、対応する金融機関の中からどこが一番いいか決めなくてはいけません。

一番有力な候補となり得るのが証券会社です。

中でもネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安いだけではなくキャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買にかかる手数料を0円になるというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンなどを行っている場合もあります。

投資金額がさほど大きくないのであれば、キャンペーンで決めるのも1つの方法です。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2014 NISA口座開設キャンペーン比較!【おすすめの証券会社は?】 All rights reserved.
木の飾り