木の飾り

NISAとは何なのかできるだけ分かりやすく答

NISA口座は原則1口座しか開設できないのでネット証券会社が重要です。証券会社ごとにサービスが大きく異なります。NISAの口座開設前にしっかりと調査しましょう。

木の飾り
NISA口座開設キャンペーン比較!【おすすめの証券会社は?】 >> NISAとは何なのかできるだけ分かりやすく答
木の飾り

NISAとは何なのかできるだけ分かりやすく答

NISAとは何なのかできるだけ分かりやすく答えると、金融商品の利益を非課税にするという制度のことです。

日本では2014年に開始した取り組みで、年あたり120万円が非課税枠として用意されています。

さらに詳細となりますが日本に住む20歳以上ということが決められていまして、ひとつの口座のみを持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、配当金や分配金や譲渡益といったものが対象です。

最長で5年間という制限があり、現在保有しているも金融商品をNISA口座に移動させるということは残念ながら不可能です。

NISAを銀行でやろうと思っている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いで始めるとかでないのであれば、手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が良いと思います。

ゆうちょや銀行などは身近にあるお店では、NISAの始め方から丁寧に教えてくれますから、対面でやり取りできた方が安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの1番特徴である非課税というのは、最終的に支払うコストが低くなるというメリットですから、どうせなら手数料もできるだけ下げていきたいですよね。

極力リスクを下げることも考えて銀行にするかどうか決めましょう。

NISAで1万円から始めたいと思っています。

現金だけでも家計には限界があるし投資も考えないといけないかな。

といったことが経済情報サイトなどで言われていることもありますが、実際には少額投資には少額ならではのリスクがあります。

株式取引を例に考えてみますと、株主優待などに興味がある人はご存知かと思いますが株って数十万円必要だったりします。

こうなってくるとお金があることが実質的な条件になってきますし、特定の1つの会社がどうなるかなんてそこまで信頼できることでもありませんから、ある程度の資金があるとしてもやはり機関投資家ではないので限界はあるわけです。

投資信託がメニューに入っている理由がここで分かるのですが低予算でもバランス投資ができます。

NISAで投資信託を行うのは初心者と言われています。

理由はというと、投資にかかる費用が少額で済むからです。

現物株の場合は銘柄にもよりますが、1単元あたり数万円から数十万円程度がかかるため、限られた銘柄にしか投資することができません。

一度に大金を投資するという点で心理的なハードルも高くなります。

一方で投資信託の場合は複合的な金融商品のため、年間120万の枠があるNISAでも分散投資が可能です。

投資資金があまりないという方にもおすすめですね。

プロに運用を任す場合、手数料や信託報酬といったコストが発生しますのでその点はご注意ください。

NISAの失敗ってやっぱり気になるものですが考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

大きく分けるとNISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みによるデメリットを避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗とは何かというと、期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは、NISAに限らず金融商品は値下がりしたら損するということです。

NISAの仕組みによって非合理的な行動を取ることによるリスクというのは、120万円の枠内に収まるよう投資先を考えるといったタイプの思考法のことを意味します。

NISAを利用する最大の理由は非課税だからですよね。

NISAの利点を十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておくことが重要です。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

枠という言葉で取り違えやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。

こちらは誤解している人はあまりいませんが念のため解説すると、「120万円まで」という枠なので120万円を超えることはできません。

また、枠自体を持越しすることは不可ですので、年内に使いきれなかった分は、その年の分そのまま消滅します。

NISAのリスクについて説明します。

まず一つ目は、NISAの仕組みです。

NISAは利益に対して課税されないという性質がありますが、損失がでたときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同様なのですが、NISAで注意しなければいけないのが5年間という期限があるところです。

満期までに通常の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損があったとしてもそれが考慮されないというリスクがあります。

一度売ってから再び買い戻しをすることになるかもしれません。

そして忘れてはいけないのが、金融商品自体がもっている性質そのものによるリスクというのは当然あります。

NISAと積立NISAの違いを簡単に説明すると、現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる商品が限られています。

積立NISAは投資信託しか扱えませんが、中でも手数料が低く、分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴があり、販売手数料が0円であること、長期分散投資に適している公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限についても年40万円までという制限がありますからかなり違いがありますね。

その代わり上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用できませんのでお気を付けください。

NISAでおすすめなのはどんな投資でしょうか?もし投資自体が初めてという方であれば、まず最初に理解しておく必要があるのはNISAかどうかではなく、リスクリターンがついて回るという投資の特徴についてです。

預金は元本保証があるし投資はリスクがあるという単純な話ではなく、どういう経路をたどって可能性としてのリスクが現実のものになるのかを知ることです。

例えば株式であればその会社の業績が大きく影響してきます。

投資信託についてはコストも低いのでつい軽視しがちですが、投資ファンドがどういう方針で景気の変化とどう関連しているのかなどは知っておかないといけません。

その上でもう一度投資に対する考え方を整理しなおしてみるといいでしょう。

NISAの口座開設を考えているなら、まず最初に考えなければいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしかもてないので、対応する金融機関の中からどれが一番いいか厳選する必要があります。

一番有力な候補としては証券会社ですね。

ネット証券は手数料が安いので特におすすめです。

あとは、単純に安さだけではなくキャンペーンなども合わせて比較すると良いですよ。

例えば売買にかかる手数料がかからないというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンを開催している証券会社もあります。

投資金額がさほど大きくないのであれば、キャンペーンで決めるのも1つの方法です。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2014 NISA口座開設キャンペーン比較!【おすすめの証券会社は?】 All rights reserved.
木の飾り