基本情報技術者取得方法

基本情報技術者の資格は、主にシステムエンジニアなどが取得奨励される資格です。

情報技術を活用した戦略立案などに関して初歩的な知識や技能が要求される資格です。

ITパスポート資格と同様、経済産業省管轄の国家資格で、新体制で編纂されたスキルのうち2に分類される資格です。

実践的な活用能力がスキルとして身についていることが証明される資格としても知られています。

基本情報技術者試験には受験資格がありません。

年2回春と秋に試験が開催されます。

基本情報技術者の資格を取得するには、まずは通信教育やIT系に強い専門学校などで学ばれることをお勧めします。

また高等学校や大学などで商業や経済学などを学ばれている方は必須で資格を取得されるとよいでしょう。

システムエンジニアとして活躍されている方もできるだけ基本情報技術者の資格を取得し、そのあとで高度技術を求める資格試験を受けられるとよいでしょう。

また、ビジネス能力検定の一つであるサーティファイ情報処理2級を取得すると基本情報技術者試験での科目免除対象になります。

そのため、力試しでサーティファイ情報処理を取得したのちに基本情報処理技術者の資格試験に挑まれるのも良いかもしれません。

表計算やプログラミング、アルゴリズムなどの出題もありますので、教科書などを見ながら実際にプログラムを立ち上げたりなどの実践を繰り返されることをお勧めします。

このスキルはあくまでも「基本」であるために熟練システムエンジニアの方などには不必要な資格かもしれません。

これからIT企業に就きたいと考える方などは必須で受験をお勧めします。

ページのトップへ戻る