外貨預金のメリットって?

円高傾向の中、外貨預金を積極的に進める方が増えていますが、そのメリットはどこにあるのでしょうか。

外貨預金の最大の魅力は、円預金に比べて利息が大きい点が挙げられます。

為替レートの変動に伴い、円高時に外貨預金し、円安になったら円に戻すことで、差益を得ることが出来ます。

さらに、外貨の場合にはその国の金利が上乗せされるメリットもあります。

また、外貨預金は一つの国の通貨だけに限って預金をする必要もなく、複数種類の外貨へ分散投資することで外貨レートの変動に伴う、為替差損を最小限に留めることができます。

つまり、通常の預金以上に、自分自身でポートフォリオを組んだり、管理することができる預金方法なのです。

さらに、海外旅行好きの方は、外貨預金を海外で使用する資金プールとして存在させることで、渡航先で外貨を利用できるメリットもあります。

特に、ドルやユーロなら欧米諸国や米国で利用できるため、長期滞在にも向いている預金方法と言えます。

尚、外貨預金はFXと比べて、大きな利益や利息を得ることはできません。

しかし、FXに比べては急激な為替変動時の差損は小さいため、じっくりあせらず預金しておきたい方にはピッタリな資産運用方法と言えます。

但し、急激な円高傾向になった場合は、銀行窓口に沢山の外貨交換者が現れ、長蛇の列を成します。

そのため、円高だからと言ってすぐに銀行窓口に行って外貨預金するよりも、ネット銀行を通じて手軽に外貨預金する方が、確実と言えます。

ページのトップへ戻る